お得な情報

 【無料レポート1】

 <<ゴローの資産運用入門 資産を増やす方法とリスク>>

 <<資産運用を始めたい方に、誰にでもできる投資の概要とリスク、資産運用の基本的な考え方を紹介します。>>

 【無料レポート2】

 <<ゴローの資産運用入門 投資信託の真実>>

 <<初心者がはじめ易い投資信託の概要と商品の選び方や購入方法を解説します。>>

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者の<<ゴロー>>により、メルマガ名「お金を生かす ゴローの資産運用入門講座」に代理登録されます。※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 メルマガ解除


「お得な情報」カテゴリの記事
2017年04月11日

オトクなガソリンの入れ方

皆さんは車にガソリンを入れる時、
どんな入れ方をしていますか?

「レギュラー満タン!」 

と言ってる方も多いと思います。

パーク24が4月7日に発表した
「ガソリンスタンド選びと給油」についての
アンケート結果によると

ガソリンスタンドを選ぶ基準は、
主に「価格」(75%)と「場所」(61%)

給油の指定の仕方は、
 1.「満タン」     64%

 2.「金額」指定    27%
 3.「リッター」指定   9%

となっています。

さて。この中で一番オトクな給油の仕方は
どれかご存知ですか?


答えは 2.「金額」指定
    (※毎回定額の指定)

です。

ガソリンの価格は、原油価格や為替の変動に
合わせて日々変わっているので

給油の時に常に定額指定で入れていると
ガソリンが安い時には多くの量が入り
高い時には少ない量しか入りません。

ところが、これを長く続けていると、
結果的にガソリンの購入単価を
低く抑える事が出来るのです。

気になった方は試算してみて下さい。

この考え方は、外貨を購入する時にも
使われます。

例えば、円でドルを買う場合、

毎月1万円づつドルを買った時と
毎月100ドルづつ買った時では

長期的に続けるほど、毎月1万円づつ
ドルを買った場合の方が
ドルの平均購入単価が安くなります。

ガソリンでいうと、
リッター指定で入れるより
金額指定で入れるほうが、
購入単価が安くなるんです。

この購入方法を
「ドルコスト平均法」と言います。

外貨投資は、長期・分散・積立が
元も安全で利益が出易いのですが

積立とはこの「ドルコスト平均法」を
活用する事です。

パーク24のアンケート結果では
若い人ほど金額指定で給油する人が多い
との結果が出ています。

「ドルコスト平均法」を知っているのか
どうかは分かりませんが、
若い人ほどオトクにガソリンを
入れている事になりますね。

 
VH02-min
 
  

Posted by goroit7 at 20:21コメント(0)
2016年09月26日

車を高く売るなら?

ってテレビCMみたいですが(^_^;)

最近ちょっとした事情から、
車を買い替えました。

そこで乗っていた車をなるべく高く
売ろうと思い、車の一括査定サイトを
利用しました。

車の一括査定サイトを利用したのは
2回目です。

前回利用した時は
5社から見積もりを取ったところ

事前にリサーチしていた買取相場より
20万近く高い査定額を出してきた
会社があり、下取りに出すより
かなりお得な売却ができました。

前回売却した車は特別仕様車で、
同仕様の車が少ない上に
走行距離もとても少なかったので

ピンポイントで需要があると判断した
会社が高い査定額を出してくれたのだと
思います。

中古車の価格は需要と供給の関係で
大きく変わる事を実感しました。

今回査定した車は、それほど人気や
希少性のある車ではなかったので
かなり厳しいだろうと思い
まずは、買取相場を調べました。

参考になるのが、Gooネットの

このサイトを利用すれば、
Webだけで目安になる金額を
知ることができます。

売却交渉のベースになるので
事前に目安の金額を調べておきましょう

次に一括査定サイトの利用ですが
一括査定サイトに登録すると、
登録した瞬間に多くの買取業者から
電話がかかってきます。

最初の電話はなんと登録して数十秒で
かかってきました。

その1社と話している時に
5~6社からは電話が入っていました。

一括査定サイトを利用する時に鬱陶しいのが
この一斉電話です。

次に各社と出張査定のアポイントを取り、
高い査定を出してくれた会社に
売却するという手順になります。

注意しなければいけないのは

査定に来た営業マンは、いかに安く
買取できたかが営業成績となるので、
自分の会社に売却してもらうために、
あの手この手を使ってきます。

特に多いのが今すぐ売却を決めてくれれば
この値段で買い取りますと言うことです。

他業者との競合で値段が釣り上げられるのを
避けるための常套句ともいえます。

対応策としては

1.売却の時期を明確に決め
 査定の時に言う
 ※この日までは車が必要なので
  手放せないが、その日以降には
  売却する事をはっきり伝える

2.他社の査定と比較して高く買って
 くれるところに決めますという
 強い意志を伝える

もう一つの注意点は
たちが悪い営業によっては
口頭で高い査定額を言っておいて、

実際にその会社に売却を決めたところで、
査定を下げられるという手口がある事です。

なので、正式な書類でなくても
査定額が出たら必ず書面で提示して
もらって下さい。

買取価格が売却時期によって変わって
しまう事は事実なので

証拠が残る様に、
最低限名刺の裏のメモでもいいので、
査定金額と有効期限を書いて
もらいましょう。

とはいえ、多くの会社の
査定を受けて交渉するのは
労力がかかります。

そこで、予め調べた買取相場を
参考に売却目標金額を決めておき

印象がよく目標に近い査定額をだした
営業と交渉するのもいい方法です。

そこで目標額に達した時は、それ以上
欲をかかず決めてしまいましょう

今回は、はじめに査定に来た会社が
電話の対応、営業の対応ともに
とても良く、

こちらの提示したちょっと無理かなと
思われる希望金額に対して、
本部や販売店店長と交渉し、

売却時期の希望も飲んだ上で
目標に近い引取金額を出してくれたので、
売却を決めてしまいました。

結果的には事前に調べた相場より
10万円以上高い価格で売却でき
何社とも交渉する手間も省けたので
満足しています。

ちなみに、次に購入した車は
ディーラーの中古車だったのですが、

担当営業に前の車の売却価格を
訊かれ、話したところ
うちではとてもその価格は無理です
と言われ、改めて納得できました。

入金もスムーズで、車の引き取りから
1週間以内に振り込みがありました。

買取業者の多くは、買い取った車を
オークションで販売するのですが

オークションの相場は各社で共有されて
いるので、買取査定で出せる金額は
限られています。

でも最近では、自社で中古車販売を
行っている業者も増えていて、

自社で販売できる業者の方が
中間マージンを省けるので
買取できる金額の幅があるようです。

そこで、査定の依頼を
自社販売を行っている業者に絞る
という方法もあると思います。

車の一括査定サイトもたくさんありますが
私のお勧めは


です。

理由としては

1.JADRIという業界団体加盟の
 買取業者のみで構成され、
 悪徳業者が排除されている安心感がある

2.買取業者が決まったら、サイトに入力する
 だけで他の業者をキャンセルできる

3.いざという時に役に立つ
 クレーム対応窓口を設けている

 という点があげられます。

次にお勧めできるのは


理由は一括査定申し込みの入力を行うと、
査定が可能な業者の一覧が表示され
依頼したい業者を指定できるからです。

あまり多くの業者と対応するのが負担に
感じる場合には、はじめから依頼業者を
絞り込む事ができるので安心です。

そして、実際に車を査定する前には
洗車と社内の掃除はお忘れなく

丁寧に使われていた車という印象を
与える事は査定額アップに繋がります。

車を売却する時は
一括査定サイトを上手に活用して
納得できる価格で売りましょう!

002s_o

  
Posted by goroit7 at 17:20コメント(0)

ブログランキング
ポチッとクリックお願いします。
訪問してくれたあなたに感謝です。(*'▽')

金融・投資ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
おすすめ
カテゴリー
記事検索
livedoor Blog
Syndicate this site (XML)