ICOとIPO

 【無料レポート1】

 <<ゴローの資産運用入門 資産を増やす方法とリスク>>

 <<資産運用を始めたい方に、誰にでもできる投資の概要とリスク、資産運用の基本的な考え方を紹介します。>>

 【無料レポート2】

 <<ゴローの資産運用入門 投資信託の真実>>

 <<初心者がはじめ易い投資信託の概要と商品の選び方や購入方法を解説します。>>

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者の<<ゴロー>>により、メルマガ名「お金を生かす ゴローの資産運用入門講座」に代理登録されます。※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 メルマガ解除

2018年03月09日

ICOとIPO

こんにちは ゴローです。

昨日はコインチェックがNEMの流出に対する
補償と事業の再開についての記者会見を行い

来週からNEMの日本円での補償と、
仮想通貨取引を再開するとの発表があり
コインチェックのユーザーは、ほっとしたのでは
ないでしょうか?

私も僅かながらNEMを保持していたので
胸を撫で下ろしています(^_^;)

仮想通貨の世界では
昨年後半からICOの話題が大幅に増えています。

ICOとはInitial Coin Offering
(イニシャル コイン オファリング)の略で、

新しい仮想通貨を活用した事業を行う資金を、
仮想通貨の発行で調達する
クラウドファンディングに似た
資金調達の手法です。

新しい事業やサービスで活用できる
仮想通貨を発行し、その仮想通貨を販売して、
事業資金を調達します。

例えば、新しいゲームを開発する為に、
ゲーム用のコインを10,000コイン作成し
1コイン10,000円でICOとして販売
すると、1億円の資金を調達できます。

ゲーム用のコインは、完成したゲームの中で
利用でき、ICOの時に買わなかった人は
ゲームの中で必要になると欲しくなるので、
ICOでコインを買って持っている人から
買いたいと考えます。

そこで、このコインを取引所に上場し
(売買可能にする)
ICOでコインを購入して持っている人と
そのコインを欲しい人との間でコインの売買を
出来るようにします。

完成したゲームの人気が出てプレイヤーが
増えればそのコインを欲しがる人も増えて、
コインの価値が上がります。

そこでICOでコインを購入した人が
売却すれば、利益が得られます。

つまり、ICOでコインを買う人の目的は

①この新しいゲームの完成を楽しみにしている
②この新しいゲームで、コインを使って遊びたい
③この新しいゲームがリリースされて人気が出れば
 コインの価値が上がるので、売却益を出したい

となりますが

最近のICOブームでは、多くの人が
③を目的にコインを購入しています。

ゲームの開発者側は、不特定多数から開発資金の
調達が出来る上、コインの価格が上がれば、
自己所有のコインの資産価値も上がり事業を
拡大する事が出来ます。

事業者は、資金調達の為にICOを行い
購入者はコインの値上がり益獲得を目的に
コインを購入します。

これがICOの目的と仕組みです。

これと似た仕組みとして株式のIPOがあります。

IPOはイニシャル・パブリック・オファリング
の略で、上場が決まっている会社の株を
上場前に販売して資金調達をする方法です。

IPOは
・上場する取引所が公的な市場
・上場する際の審査基準が明確になっており
 既に事業の実績がある企業しか上場できない
・購入価格(公募価格)が企業の資産価値評価に
 基づいて決められている
・証券会社に申し込み、抽選に当たらないと
 購入できない

という厳しい条件で行うもので
ICOに比較して、公平性、安全性が
保たれています。

現在のICOでは、IPOの様な
明確な上場基準や審査機関が無いので

資金を集める事だけが目的の詐欺コインや
上場すると謳いながら、システムや事業が進まず
上場できずに価値が無くなってしまうコインが
多くあります。

この様にICOでコインを購入する事は
リスクが非常に高くなります。

ホワイトペーパーという
事業の概要、コインの機能と事業での利用法を
説明した資料をしっかり確認

事業の主体となっている人物が信用できるかを
判断する事が大切です。

IPOに比べ、上場直後に数倍、数十倍に
値上がりする期待が持てる代わりに
損失リスクも大きい事を理解し、
購入は、慎重に判断して下さい。


bitcoin2