つみたてNISAの概要

 【無料レポート1】

 <<ゴローの資産運用入門 資産を増やす方法とリスク>>

 <<資産運用を始めたい方に、誰にでもできる投資の概要とリスク、資産運用の基本的な考え方を紹介します。>>

 【無料レポート2】

 <<ゴローの資産運用入門 投資信託の真実>>

 <<初心者がはじめ易い投資信託の概要と商品の選び方や購入方法を解説します。>>

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者の<<ゴロー>>により、メルマガ名「お金を生かす ゴローの資産運用入門講座」に代理登録されます。※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 メルマガ解除

2017年11月05日

つみたてNISAの概要

いよいよ2018年1月から
「つみたてNISA」がはじまります。

そこで、「つみたてNISA」の概要
について説明します。

1.「つみたてNISA」って何?
「つみたてNISA」は、新しく始まる
投資に対する非課税制度です。

この制度では、投資の運用益を非課税とし
非課税投資枠(年間投資上限)は年間40万円、
期間は20年になっています。

また、既に特定口座や一般口座で保有している
投資信託を「つみたてNISA」口座に移すことは
できません。

2.「つみたてNISA」で投資できる金融商品

基本的には「投資信託」と
「ETF(上場投資信託)」ですが、
手数料や信託期間、純資産等について
金融庁が定めた一定の条件を満たしている
商品のみが対象になります。

そして、「つみたて」形式でしか
投資をすることができません。

なので、「毎月1万円」というように
定期的に継続して購入する必要があります。

3.「NISA」と「つみたてNISA」の違い

 ①購入方法
 「NISA」は株式、ETF、REIT、
 株式投資信託など随時購入できる金融商品に
 投資できますが、
 「つみたてNISA」は、定期的に継続した
 購入でなければなりません。

 ②投資期間
 「NISA」の期間、現在2023年まで
 実施される予定で、保有期間は5年ですが
 「つみたてNISA」は、20年間です。

4.「NISA」と併用できるか?
 「NISA」と「つみたてNISA」の
 併用はでません。
 必ずどちらかを選択する必要があります。

 また、「NISA」口座を持っている人が、
 「つみたてNISA」に変更したい時には、
 変更手続きが必要になります。

5.「NISA」から「つみたてNISA」への
  切り替え方法
「NISA」口座を利用している人が、
「つみたてNISA」に切り替える場合には、
「金融商品取引業者等変更届出書」
 または「非課税口座異動届出書」を
 口座を作った金融機関に提出する
 必要があります。

その際「NISA」で運用していた金融商品の
運用益等は、非課税期間が終了するまでは
非課税になります。

6.途中で金融機関を変える方法
現在利用中の金融機関に
「金融商品取引業者等変更届出書」を提出し、
「勘定廃止通知書」の交付を受け、

変更しようとする金融機関に対して、
「勘定廃止通知書」を添付の上、
「非課税口座開設届出書」を提出すれば
変更できます。


「NISA」と「つみたてNISA」は
いずれか1つしか選択できないので、
短期的に運用するか、長期的に運用するかで
選択することになります。

金融知識があり、短期的に株などで
運用したい場合には「NISA」
コツコツと安全で長期的な資産形成を
目指す人は「つみたてNISA」を
利用しましょう。


home023s