投資のリスク(私の経験から)

 【無料レポート1】

 <<ゴローの資産運用入門 資産を増やす方法とリスク>>

 <<資産運用を始めたい方に、誰にでもできる投資の概要とリスク、資産運用の基本的な考え方を紹介します。>>

 【無料レポート2】

 <<ゴローの資産運用入門 投資信託の真実>>

 <<初心者がはじめ易い投資信託の概要と商品の選び方や購入方法を解説します。>>

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者の<<ゴロー>>により、メルマガ名「お金を生かす ゴローの資産運用入門講座」に代理登録されます。※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 メルマガ解除

2016年04月10日

投資のリスク(私の経験から)

これまで約2年、様々な投資を行って来た経験から、
改めて投資、資産運用のリスクについて
書きたいと思います。

最初に大きな損失を出してしまったのは
2014年10月の黒田バズーカ第二弾の時です。
このサプライズで行われた追加緩和の発表で
ドル円は大きく円安に動きました。

発表があったのは金曜日の午後
その日は用事があり外出していて、
夕方ふとスマホでドル円の相場を見たら(;゚Д゚)

夜家に帰ってチャートを見ると・・
売りポジションを持っていた自動売買の含み損が
大変な事に

利用している自動売買のEAはバックテストで
リーマンショックでも破綻していないシステム
ここで、損切りするか悩みましたが押し目の出現を
期待して様子を見る事にしました。

ところが、翌月曜は祝日で日本市場は休場
窓開けから一方的に円安に振れ、ロスカットに
かかりました( ;∀;)

月曜は利益確定や反対売買をする大口の勢力が
お休みだった訳です。

案の定、翌日の火曜には円の買戻しで押し目が
できました。

サプライズに加え、週末をはさみ、しかも月曜は
日本が休場という条件が重なり、この様な動きに
なった訳です。

ここから学んだリスクは

①要人発言によるサプライズの影響
②週末からの窓開けリスク
③主要国の休場リスク

相場環境を理解して対応する事が必要です。

もし、もう一度同様な状況になった場合には
早めの損切り、両建てにより決済タイミングを
ずらすなどの対応を行います。

そして次に大きな損失を出したのは
スワップ狙いでドル/トルコリラのポジションを
持っていた時のことです。

トルコでテロが頻発、リラ安がどんどん進んで
行き、ついには最安値を更新
大きな損失を出してしまいました。

これは、いわゆる地政学的リスクです。

新興国通貨は、変動幅が大きくリスクが高い事を
思い知らされました。

特に週末にテロなどが起こった場合、
持っているポジションに対して何も対応できずに、
週明けに大きな窓開けを迎える事になります。

高いスワップの裏には高いリスクがあり、
新興国のスワップ狙いではレバレッジを最小限に留める、
為替変動リスクへのリスクヘッジを行う
などの対応を行う事が必要と痛感しました。

そして最後に投資詐欺のリスク

資産運用について調べ、投資を始めた頃に
〇ル〇ガアジアという会社からのオファーがあり
メールで資料を請求して見ました。

すると、FX系の自動売買システムの案内として
CDで動画の案内が送付され、営業から電話が
ありました。

資料では海外ヘッジファンドのマネジャーと
いう人が出てきて最もらしい話をします。
そして運用実績は魅力的な資産増加のグラフに
なっています。

かなり惹かれたのですが、会社の内容が
海外で不明確、豪華な販促用のCDや
まめに連絡してくる営業の存在から

多くの販促費が掛かっている事が気になり
購入をやめました。

そして、今ネット上で運用資金がゼロになった
出金できない、などの情報が飛び交っています。

ファンドも含め、お金を預けて運用委託する
場合には、運用先を慎重に調べましょう

運用会社が実在し、情報開示が十分にされて
いるのか、そして償還実績など、出金トラブルは
ないかなどです。

元本保証を謳っている商品には特に注意して下さい。
元本保証で月利5%などありえません。
ハイリターンの商品には必ずハイリスクがあるからです。 

その上で、預ける資金は運用資金全体の20%位に
抑えておくのが安心だと思います。

また、投資詐欺セミナーや下記の様な情報も参考に
しましょう。




(注)私はTJには投資していません。
  その理由は記事の内容からご理解下さい。

 bomb010s